エフォートサッカースクール6/16

本日ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございます!

日中かなり暑くなってきましたが、夕方スタートなので日差しも少し柔らかく、また風も涼しくスタート時間にはベストコンディションで開催することができました^^

アジリティメニューでは足ジャンケンから勝ったほうの背後にあるマーカーを先に取る、という少し判断の要素も取り入れたメニューをおこないました。

ジャンケン→勝った負けた→マーカーを取るのは前方か背後か→ダッシュ、と少し混乱しながらも楽しそうに取り組んでくれていました。

相手の動きに合わせてから動く子や、それを逆手にとってわざと違うほうに行くフリをしてみたり、良い駆け引きもありました。

その後は、ケンケンでのジグザグステップをおこないました。

重心のかけ方、体幹のトレーニングということでスピードをつけた状態では苦戦している子供たちも多かったです。

この能力が身についてくればマシューズなど左右への振りのフェイントの強化につながりますので、少しずつ取り入れながら良い身のこなしができるようにしていきたいと思います!

ドリブル練習ではダブルタッチ、シザーズからのダブルタッチ、アウトロールからのダブルタッチ、横向きのドリブル、トップスピードのドリブルと幅広く取り組みました。

ダブルタッチに関しては4月、5月ごろと比べてかなり形になってきました。

今後はさらにボールタッチのバリエーションを増やしながら、無意識でできるように、そして使い方をマスターできるようにしたいと思っています。

次はコートをワイドに使ってのシュート練習でしたが、パスのスピード、動くスピード、いつ見るのか、を重点的におこないました。

はじめはなかなかうまくきませんでしたが、お互いの位置を確認しながらどの位置にボールを出せばいいのか、感覚をつかみだすとスムーズにテンポよくつながりだし、良いフィニッシュの場面も見られました。

最後にポゼッションでは、コーンの間をパスで通すというゲーム形式でおこないました。

ボール保持者がどのコーンの間を狙っているのかを感じ取り、相手ディフェンダーよりも先回りしてパスコースを確保すること、コースを消されたときにほかの空いているコーンの間はどこか、次にチャンスになりそうな場所を探して移動する。

メニュースタートの時は何も言わず始めて、ボールウォッチャーの場面が多く背後のスペースやチャンスになりそうな場所を感じることができていなかったのですが、アドバイスも入れて、動き出しのスピードが上がったり、徐々に狙いをもってプレーすることができるようになってきました。

最後はゲームでしたが、接戦の試合はなかなか白熱していて見応えもありました^^

今後も選手たちの成長をより加速できるように頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします!

↓最近動画をアップしていなかったのですが、良かったらお子様に見せてあげてください^^

最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic