エフォートサッカースクール 6/30

本日ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございます!

ついに雨天中止の時が来てしまったか、と思っていましたがみんなの気持ちが通じたのかきれいに晴れて今回も無事にスクールを開催することができました^^

前回に引き続き、トレーニング内容は体も頭もハードな内容でおこなっています。

アジリティのメニューではミニハードルの片足またぎからボールタッチを5回入れてシュート。

相手よりも先にボールに触れるように、細かく速いタッチをイメージしておこないました。

速くボール触ろうとするとついつい力が入ってしまって、ボールタッチが大きくなってしまう場面もありました。

あまりそういうタッチの練習をすることは少ないと思いますので苦戦していた子もいましたが、ステップは速く、ボールタッチの足首は柔らかくできるようになると、仕掛けのドリブルにキレがでてきますので、ぜひチームの普段の練習や自主練でも取り組んでみてください。

ドリブルでは、コーンの間隔をかなり狭くして、イン・アウト、インロール・イン、ダブルタッチをおこないました。

体の軸を真横に動かすこと、どちらの足にどういうバランスで体重を乗せるか、今まで何回も取り組んできていましたので、理解とイメージができてきている選手が増えてきました。

ただ、試合で使うにはまだまだボールタッチの精度やスピードが必要ですので、じっくりといろんな方法で身につくように継続していきたいと思います。

1対1では先週に引き続き、体を入れる、ボールを奪うを徹底しておこないました。

きついメニューですが、球際の激しい攻防を見せてくれてよく頑張っていました。

まだ相手と体の側面で競ってしまう場面が多く、体の側面で競ってしまうとボールの位置が自分も相手も触れる位置にあるので、足の速いほう、体の大きいほうの選手が有利になります。

しっかりと相手の前に位置取りをすることで、両足で踏ん張れる、自分のプレーエリアを確保できるようになります。

意識はできていきていますので、あと3,4回もすれば身についてくるはず。

2対2も先週に引き続き、ボールを奪う、チャレンジ&カバーをおこないました。

先週と同じメニューで取り組んでいたこともあり、チャレンジ&カバーの切り替えのスピードと距離感がよくなってきました。

一人が抜かれても次の一人がすぐに取りに行けるようにと、準備して狙えている場面が増えました。

ですが、一人目のプレスのかけ方がまだ甘い時がありますので、相手が仕掛ける余裕が無くなるくらい速く激しくなるよう徹底して取り組んでいきます。

2対1対1では数的優位な状況をどう活かすか、パスとドリブルどちらも使える状態にしての駆け引きをイメージしておこないました。

その前までドリブルだけのメニューでしたので、切り替えがうまくできず、ドリブルでとにかく突破しようという場面が最初目立ちましたので、ゴールを決めるということを共通認識として持ってもらいました。

ではゴールを決めるためにどうしたらいいのかな?と考えたときに、ボールを持っている選手は相手を引き付ける、フリーの選手は離れて突破に備える(他にも方法はありますが)、お互いの意図と動きがかみ合ってきたときにはきれいな崩しができてきました。(最後のシュートが外れているのも目立ちましたが(笑)

ポゼッションでは特にボールを持っていない時の動きを意識してもらいました。

今のポジショニングでパスコースがあるかどうか?相手ディフェンダーにパスコースを消されたときに新たなパスコースを作ろうとしているか?

これも何回も練習してきていますので、止まっている場面もほとんどなくなってきました。

ただ、前回同様ボールを持っている選手が気づけていない場面が多かったですのでその辺メニューを改善していきます(よかったら下の動画を見せてあげください^^)。

ゲームはなかなか見ていて楽しかったです。積極的にプレーをしてくれていますので、アイデアのあるプレーや面白いプレーもでています。

いつも私自身も楽しみながら指導させていただいており、お越しくださる皆様に感謝しております。

なかには30分、40分かけて来ていただいている方もいらっしゃって本当に頭が下がる思いです。

今後もお子様たちの楽しみとなるような、充実した顔で帰れるようなスクールになれるよう創意工夫していきますのでどうぞよろしくお願いいたします!

よかったらお子様に動画見せてあげてください^^

(イニエスタの顔の動きをみるとどれだけ周りを確認しているかわかりやすいです!ボールタッチと相手が寄せてきている時以外はほぼ周囲の人の位置と動きスペースを確認しています。)

最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic