エフォートサッカースクール 12/26(火)

本日ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございます^^

☆2年生~4年生クラスのトレーニング内容

・ラダー (ひねりの動き、股関節の動き、クロスステップ)

・フリードリブル(ジンガ、ダブルタッチ、クライフ、様々なボールタッチ)

・コーンドリブル(ドリブルコース、タッチスピードの変化)

・1対1 (ルーズボール、プレスのスピード、球際)

・2対2 (ルーズボール、チャレンジ&カバー、球際、駆け引き)

・シュート(ダイレクトボレー、ヘディング)

・ゲーム

☆4年生~6年生クラスのトレーニング内容

・ラダー (ひねりの動き、股関節の動き、クロスステップ)

・フリードリブル(ジンガ、クライフ、ダブルタッチ、様々なボールタッチ)

・コーンドリブル(ドリブルコース、タッチスピードの変化)

・1対1 (ルーズボール、プレスのスピード、球際)

・シュート(クロス、ダイレクトボレー、ヘディング)

・ゲーム

ラダートレーニングでは今月のポイント、姿勢、腕の振り、大きな動作、の3点を意識しておこなっています。

細かい部分までしっかりと意識してこだわることができるかどうか、同じ内容でも意識やポイントを変えることで難易度もかわっていきます。

フリードリブルではボールタッチの種類をどんどん増やしていっています。

今回はコーンをバラバラにおいて、ドリブルコースを意識してもらいました。

フリードリブルだけだと、真下のボールに視線が落ちてしまうことがあります。

コーンがあることでドリブルできるコースが限定されます。

試合でも相手選手がいる状態ですので、どういうドリブルコースが良いか、一人目を抜いた後の二人目をイメージしておくことで、相手に奪われないプレーができるようになります。

取り組み始めはドリブルやボールタッチのスピードがすべて同じでしたので、相手を抜く場面、仕掛ける場面、イメージを持ってスピードの調節をするように意識してもらいました。

フリードリブルの時にも練習しているドリブルをつかっていますので、スピードを上げる部分は良い感じにできていました^^

1対1、2対2ではいつも通り、相手より先にボールにさわる、球際、ボールを奪う、の部分を徹底しながら、加えて練習しているドリブルを使ってみることにチャレンジしています。

コースを意識したドリブル練習をしたばかりなのもあって、最初のタッチから突破を狙えるようになってきたのと、少しずつ相手の逆をつく場面が増えてきたように感じています。