エフォートサッカースクール 7/13(金)

本日ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございます! ☆トータルスキルクラス 4年生~6年生クラスのトレーニング内容 ・リフティング (ボールの中心をとらえる、トラップ) ・ドリブル&パス (様々な種類のターン、ターンの速さを上げる) ・1対1対1 (スペースへのドリブル、奪われにくいボールの持ち方) ・2対2 (タメを作る、サポートの仕方、マークとカバーの両方を考えたポジショニング) ・3対3 (味方の状況を感じる、攻撃のプレー選択肢の判断) ・ゲーム

雨天などで2週間ぶりのスクールとなりましたが、久々なのもあってテンション高い練習となりました^^

ドリブル練習は今まではジグザグ系の体の動きを多く取り組んできましたが、しばらくは止まる、動く、ターンの練習に取り組んでいきます。

ドリブルで縦に突破できるコースが無い時に、無理やり突っ込むのではなくて、一度ターンなどで相手との距離をつくってみたり、そのまま相手が取りにくればその逆を取る、自分より良い状況の選手がいればパスを出す、などプレーの選択肢を増やせるようにしていきたいと考えています。

相手をブロックしながらボールを運ぶ感覚がつかめてくれば、ボールを持った時にも慌てずにプレーできるようになっていきます。

1対1対1の練習だと1人がボールを持つと守備が2人の状態ができるのですが、1人をブロックしながら2人目が取りに来た時に間を抜いたりと、おもしろいプレーも見られましたので、間を抜くのか、相手から離れるのか、その時々の状況に合わせてプレーできるように頑張っていってほしいと思います。

運動量も多いので体力的にもハードでしたが勝負を楽しみにながらよく頑張れていました^^

参考動画:アザールのタッチ集解説 ボールを隠すドリブル

ターンの技術、相手をブロックしながらのプレー素晴らしいです。1:26の部分が特にわかりやすいです。

また子供たちにも見せてあげてください^^

・ボールは相手守備の足が届かないところに置いている、アザールの体でボールがの位置が見えにくい

・前と後ろの両方に進むことができる状態、体の向きから前方向へはスピード上げることもできる

・相手守備はアザールの体の向きの方向(前)へ意識させられる

・一瞬相手守備から離れることで、相手守備がもう一度寄せに来たところでターン

2対2ではドリブルだけではなくて、パスの選択肢が増えます。

プレーを判断するための要素が増えていくのと、まだなんとなくポジショニングをとっている場面なども多いですので、何を見て判断するか等細かい部分もコツコツと取り組んでいきたいと思います。

来週からいよいよ夏休み短期スクールも始まります!

まだ播磨と稲美、大蔵海岸は3年生~5年生クラスは空きも多い状態です。

まだまだご参加受付中ですので、ご興味ある方はぜひ一度お越しください!

ドリブルに必要な体の動きや、ドリブル・ボールの持ち方の種類(仕掛け、突破、運ぶ)を増やすことでプレーの選択肢を増やす。ボールを持っていない時の動き方の考え方などを個人のレベルに合わせて取り組んでいきます。

すでにお申込みいただいている皆様には大変感謝の気持ちでいっぱいです。

この暑さに負けないぐらい気持ちを熱く頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

リフティングランキング(7月13日時点)

※用紙に名前を記入お願いします

(記入してくれている選手増えてきました^^)

※サッカーノートに貼るかファイルなどのご用意お願いします

(サッカーノートに貼っているお子さん多いです。ノートに練習のことやポイントをびっちり書いている選手もいます。)

※記録更新の選手は練習後にクリ