エフォートサッカースクール 3/8(金)

エフォートサッカースクールへご参加いただいた皆様、誠にありがとうございます!

☆トータルスキルクラス 4年生~6年生クラスのトレーニング内容

・リフティング (インサイド、アウトサイド、インステップ、ボールの中心をとらえる)

・コーンドリブル① (軸足の置き方、重心の移動、速く正確なドリブル)

・コーンドリブル② (ドリブルの角度を変える、ドリブルコースを見る、ステップのフェイント)

・1対1 (相手の逆をとる、ターンの方向と向き)

・2対2 (チャレンジ&カバー、球際)

・3対3+GK (ビルドアップ、幅と深さの使い方)

・ゲーム

ウォーミングアップのリフティングではインサイド、アウトサイド、インステップと足のいろいろな部分を使いながらボールの中心を蹴れるように取り組んでいます。

コーンドリブル①ではドリブル自体はシンプルなものですが、軸足の置く位置や上半身の使い方を意識しながらおこなうことで、スピーディーにスムーズに移動できるように取り組んでいます。

体全体を使えるように、効率的な体の動かし方ができるようになってきている選手も増えてきています^^

細かい部分までどこまでこだわれるかでまだまだ伸びていきますので頑張っていきましょう!

コーンドリブル②ではバラバラに置いたコーンでドリブルの角度を変える、ドリブルできるコースを見ながらおこなう、あとはボールタッチの前のフェイントに取り組んでいます。

試合中では前だけでなく、後ろや横へのドリブルも必要になっていきます。

また一人かわした後も次の2人目の守備者もいますので連続しておこなえるように頑張ってもらっています。

ボールタッチや体の使い方はうまくなってきていますので、次回からはその前の仕掛けの部分をより強化していきながら試合でも使えるようにしていきたいと思います。

1対1では相手の逆をとること、相手に奪われないような持ち方を練習しています。

体を入れてキープするときに利き足だけになってしまっている選手も多く、利き足だけのプレーになるとターンのタイミングや方向がわかりやすい時もありますので、反対の足も使うようにチャレンジしてもらっています。

今までコーンドリブルなどで反対の足もきっちりと取り組んできていますので、反対の足も使ってみると案外うまくいっている選手も多いです^^

学年があると得意なプレーや苦手なプレーもはっきりしていくことも多いので、得意なことは精度を上げてやっていく、苦手なこともチャレンジしながらできるようにしていくことでプレーの幅も広がっていきますのでどんどんチャレンジしていってもらえるようにしていきたいと思います。

2対2ではチャレンジ&カバーをしながら、特に球際の部分を強化していっています。

数か月前に取り組んでいた時よりも少しゆるい部分がありましたが、ようやく激しさがが戻ってきました。

これから気温も上がっていきますので、今の時期に4月からの新学年へ向けて、しっかりと走れるように頑張っていきましょう!

3対3+GKではビルドアップと幅と深さの使い方をトレーニングしています。

1月、2月はパスやポジショニングメインのトレーニングをおこなってきて、3月からドリブル中心に変えたので判断の部分でドリブルしすぎる場面が増えてくるかな、と思っていましたがあまりそういうこともなく、むしろドリブルの使い方が良くなっています。