エフォートサッカースクール 4/19(金)

エフォートサッカースクールへご参加いただいた皆様、誠にありがとうございます!

☆トータルスキルクラス 4年生~6年生クラスのトレーニング内容

・リフティング (インサイド、アウトサイド、ボールの中心をとらえる)

・コーンドリブル① (ドリブルスピードを上げる、直線とカーブ、軸足を速く動かす)

・コーンドリブル② (ロール、ダブルタッチ、クライフ、上半身の使い方、横方向へのドリブル)

・ドリブルゲーム (仕掛け、ドリブル突破とキープ)

・2対2パス無し (一人ずつ突破する、二人まとめて突破する、仕掛け、チャレンジ&カバー)

・ポゼッション (パスの間合いとドリブルの間合い、パスとドリブルの選択肢を持っておく)

・ゲーム

ウォーミングアップではインサイド、アウトサイドのリフティングをおこなっています。

毎回少しの時間ですがコツコツと頑張っています!

コーンドリブル①ではドリブルスピードを上げること、曲がるときには軸足を速く動かしていくことを意識しながら取り組んでいます。

今月は取り組み姿勢の部分を毎回伝えながらおこなっていますので、各選手自分の中でうまくいくかいかないかギリギリのスピードにチャレンジしていってくれています。

ある程度できている、で満足せずにもっと良くしていくためにどうするか、ほかの選手にはできないレベルまで習熟度を上げていく、そういった意識も持てるように一緒に頑張っていきたいと思います!

コーンドリブル②では今回はジグザグのドリブルでしたが、いつもよりもコーンの間隔を短くして難易度をあげておこないました。

今までも上半身の使い方や軸足の置く位置などを意識して取り組んできましたので、いつもよりも難しい状態でも対応できるようになってきています。

もう少し横へ移動する感覚(今回はまだ斜めの移動の感覚でおこなっていることが多いのでコーンに当たってしまう時がある)を身につけていけると、試合中でも相手の足に引っかかりにくくなっていきます。

ドリブルゲームではスペースがほとんどない中でのボールの奪い合いをしています。

ボールを持っている選手に対して2,3人ボールを奪いに来る状況になります。

奪いに来られてからどうしようか、よりも奪いに来た選手の間を狙ってみたりキープしたり相手から離れてみたりと後手を踏むよりも先手を狙えるようになってくることで、落ち着いてボールを持てるようになっていきます。

相手が突破を警戒して間合いを取ってくればパスを探したり違う選択肢を作ることもできます。

まだまだ急ぎすぎて自分でミスして奪われる、複数で奪いに来られてそのまま奪われる、といった場面が多い(もちろん簡単ではありません)のでボールの持ち方置き方の部分を伝えながら改善していきたいと思います(相手の逆を取ろうと駆け引きのチャレンジは増えてきています^^)。

2対2ではチャレンジ&カバー、球際の守備の部分を激しく厳しくいくことを徹底してもらいながら、ボール保持者には今月取り組んできている突破の前の仕掛けを意識しながらどう2人を突破していくか考えながらおおこなうことを意識してもらいました。

相手守備者は2人いますので一人を突破しても次の選手がカバーに入っていきますので、カバーの位置をずらす、距離感をずらす、ずれたところを一人ずつ突破していくか、ずれの間を狙って二人とも突破していくか、各選手狙いを持って取り組んでくれていて、良い突破、連動した良い守備と、どちらも良い場面が増えてきました。

ポゼッションではパスとドリブルの選択肢を常に持ちながらプレーすることを意識してもらいながらおこないました。

ボールを持っていない選手はパスコースを作る動きを常におこないながら、ボールを持っている選手も今の位置でパスコースがなければターン