エフォートサッカースクール 5/13(月)

エフォートサッカースクールスクールへご参加いただいた皆様、誠にありがとうございます!

☆ドリブル突破&ハードワーククラス 3年生~6年生のトレーニング内容

・リフティング (スピード乗ったボールコントロール、ボールタッチの強弱の調節)

・フリードリブル② (足裏、ロール、ダブルタッチ、クライフ、細かく速いボールタッチ)

・1対1 (ドリブルの仕掛け、駆け引き)

・ドリブルゲーム (ボールの持ち方、相手との間合いを感じる、ボールキープ)

・1対1対1 (スペースへのドリブル、運ぶドリブル、球際)

・ゲーム

リフティングではできるだけ早いスピードで移動しながらのリフティングにチャレンジしています。

走りながらそのままの勢いでボールタッチをしてしまうとボールが飛びすぎますので、ボールを触る瞬間だけ力を抜いてボールタッチの強弱のコントロールをすることが必要になります。

リフティング形式でおこなっていますが、ドリブルでも同じことなので自分のスピードを落とさないためにはどのあたりにボールをコントロールしていくかが大切になっていきます。

フリードリブルでは、前回から期間が空いていましたので、復習を兼ねていろいろなボールタッチをおこないました。

複数回参加してくれている選手も多く、各ボールタッチのポイントもしっかりとできるようになってきた選手も多かったです。

あとはスピードや幅を広げながら体の動きの部分も強化していけるように頑張っていきましょう^^

1対1では突破の前の仕掛けなど駆け引きの部分を中心に取り組んでもらいました。

相手守備者の逆を取れるようにフェイントを入れたり、相手がどれくらいの強度でボールを奪いに来ているかを感じながらその力を利用できるよう意識してもらいました。

自分の感覚だけでなく相手の動きやスピードを感じ取れることで、どういったドリブルが有効になってくるか変わっていきます。

その状況に合わせたドリブルを選択できることと、引き出しの多さ、正確さ、いろいろな要素がありますのでたくさんチャレンジできるようにしていきたいと思います。

ドリブルゲームではボールの奪い合いをしながら、相手が複数いる状態でも練習していることを使えるようにしています。

目の前の相手に意識が集中しすぎているときがまだ多いので、もう少し視野を広げながらどこにドリブルができそうか、そこにいくまでにどんなドリブルのコースがあるか、といった見ることを意識しながら取り組んでもらいました。

1対1対1では球際の部分を強めにおこないました。

相手よりも先にまずはマイボールにすること、競り合いの時には相手とボールの間に体を入れて自分がプレーできるエリアを奪うこと、先に主導権を握れるかどうかで次のプレーも変わっていきます。

よく頑張っていましたが、まだまだ激しく厳しくいけますので徹底しながら取り組んでいきたいと思います。

最後はゲームを楽しんでもらいました^^

リフティングランキング(5月13日)

※用紙に名前を記入お願いします

(記入してくれている選手増えてきました^^)

※サッカーノートに貼るかファイルなどのご用意お願いします