トレーニング用品届きました

発注していたトレーニング用品が届きました。(映像汚くてすみません^^;)

動き作りができるようにミニハードルやアジリティリング、ラインマーカーなどたくさん用意しました。

ステップが早ければそのままボールタッチのスピードにつながります。

ドリブル中は相手が体を入れてきたり、足を出してきたりとボールを取りに来ますが、その相手よりも早くボールにさわれば、ボールはとられません。

逆にいえば1対1の守備にも役立ちます。

50メートルやトップスピードがあまり早くはないけど活躍してる選手や、密集地帯を突破していく選手は、こういった、ステップが早い、自在に体を動かせる能力が高いように思います。

(もちろん、ボールの置き所とかほかの要素もありますが。。)

あとは、いろんなステップや動き方を覚えておくことで、けがの予防にも役立つと考えています。

今まで見てきた子で、オズグットやシーバー、関節の痛みなどに悩まされる子もいましたが、多くは軸足のほうが痛んでいます。

体の柔軟性があまりない、踏み込んでの切り返しやストップを多用している、ドリブルのパターンが少なく同じフェイントばかりする。

そうなると体の同じ部分が酷使されて炎症を起こす場合があります。

話が少し脱線しましたが、小学生のうちは体がまだ軽いので大丈夫という場合もあると思いますが、中学高校と体が大きくなって筋力もスピードも上がってきてからそうなるということもあります。

小学生のうちにそういったことを意識しておいて損はないかと思います。

個人スキルクラスでは、こういったトレーニングに加えて可動域を広げる(ラダーだけだと足を動かす幅が小さい)、前だけでなくサッカーで必要な、横や後ろの動きも取れ入れて練習していきたいと考えています。

また、小学生のうちは身体能力にかなり個人差がありますので、トップスピードが速くない、体が小さい、そういった選手でも活躍できるような技術が身につくような内容にしていきたいと思っております。(時間足りるかな^^;)

初回4/7までもうすぐですが、試行錯誤しながら頑張りますのでよろしくお願いします!

最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic